あなたは、個人プレーの人だよ

土曜日に、ある会合の後懇親会があった。

 

正直、懇親会って苦手。大勢でわいわい飲むより、本当に好きな人とか、よく知った人と少人数で飲みたいんだよなあ。

で、お酌にまわることもなく、隣の自分の知り合いとおしゃべり。

自分の近況とか、これまでの悩みとか、あれこれしゃべっていた。

 

「わたしの仕事、今まで大人数をまとめたり、誘導したりすることが多く、ずっと苦手だったんだけど、数年前に少人数を相手にする部署に異動になったら、それがぴたっとはまり、今はけっこう仕事が楽しいんだよ。」

 

「ずっと、仕事が嫌いで、仕事に前向きになれない自分も嫌いで、全てがうまくいかなかったんだけど、最近は仕事を真面目にやるようになり、仕事以外のことも全てうまくまわってる気がする。」

 

なんてことを、酔いに任せてしゃべっていたら、正面に座っていた男性が

 

「さっきから聞いていて思ったけど、あなたは集団の中で自分を発揮できる人間じゃない。個人プレーの人だから、自分の努力で、自分を変えていく人だよ。だから、きっと少人数相手の仕事があっているんだよ。」

 

「人からいいパスを出されて、それを受け取ることでいい結果を出せる人もいる。でも、あなたは、人からのパスは受け取らない。パスされても受け取れない。自分の本当に納得のいくパスしか受け取らない。」

 

「だから、基本は団体競技はしないし、チームに所属することにも興味がない。でしょ」

 

「うまくいかないことは、決して人のせいにしない。常に自分を見つめ、自己否定、反省に走るタイプ」

 

「基本自分に厳しいから、そう簡単に尊敬できる人は現れない。だから、好きな男性も、尊敬できるタイプ。本当に納得できなければ付き合わない。」

 

と、次々、分析結果を語り出した。

 

当たってる。

この人は何者??

どうして、分かるんですか、と聞くと、

 

「ぼくもおんなじだもん」

 

と。

 

メンターを雇って、もうすぐ2ヶ月。

自分をひたすら見つめ、どんな人になりたいのか、どんな生き方をしたいのか、

学んでいるところに、またまたメンターが現れた。

引き寄せているんだね、やっぱり。

おせっかいな人、と言えばそれまでだけど、こうして自分を分析してくれたこの向かいの人にこの夜は感謝の気持ちがわいてきた。

うれしいなあ。ありがとう。

 

そして、その人は、最後に一言

 

「がんばって。うまくいくといいね。」

 

この人も、いい人だった。

 

最近、自分のまわりには、いい人しかいない気がする。