読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自信って その1

つづき。

 

mika3264.hatenablog.com

 つまり、自分に自信がないから、いろんなことがうまくいかないと気が付いて、あれこれもがいたアラサー時代。分かったのは、「自信をつけるのは、他人のしわざではない」ということ。

 

というわけで、いろんなことをやりました。

料理を友達にふるまう、英会話、洋服を買いにいく、海外ボランティア、引越し.....

で、いろんなことをしていると、友達が「すごいねー」とほめてくれる。

みかちゃんの料理ってどれもおいしいよね。すごいー」

みかちゃんは英語ぺらぺらですごいー」

「いつもおしゃれですてきー」

「海外でボランティアなんてすごすぎー」

みかちゃんのお部屋はすてきだねー」

など。ありがたいよね。

ところが、わたし、友達の褒め言葉を「いやいやそんなことないし」と謙遜?して、真に受けられなかった。結局は自分に自信がないからなんだよね。

 

でもね、ある時「引き寄せの法則」をブログで読みあさっていた時、ある人が引き寄せのプロセスをこう語っていた。

①覚える(自分の願望とか夢とかを、はっきりさせる。なんだっけ、なんて、考えなくてもパッと言えるくらい。そしてもちろん、それが叶った時の姿も詳しくイメージ)

②信じる(それ、無理なんじゃない?なんて、思わない。もう、叶うに決まってる。ていうか、すでに叶っちゃった、くらいの勢いで、信じる。)

③忘れる(どうやって叶えようか。努力しなきゃ、なんてあれこれ考えるのは執着。もう天にお任せ。楽しいことばっかりして、その願望は夢はとりあえず考えない。)

④受け取る(あらゆるうれしいことをぜーんぶ受け取り、それに感謝。一見、その願望につながっていないことでも。ありがとうノートを書いて、毎日毎日感謝すべきことに目を向ける。)

 

と、こんな感じ。特に④が大事で、友達にほめられたら、「いやいや」なんて言わずに、「ありがとう」と言いましょう、と書いてあった。つまり、受け取り上手になりましょう、ということだね。

 

で、わたしは最近友達に「すごいねー」を言われたら、

「うれしいっ」

「ありがとうっ」

「うん、わたしがんばってるのーっ」

と、無邪気に喜ぶことにしている。つまり、友達の「すごいねー」を自分の人生の追い風にしてしまおうということ。

 

すると、わたしの「自信」が少しずつ変化してきた気がする。

「すごいねーと言われたから、わたし、もうちょっとがんばってみよう。」

「うん、ここまでがんばったもんなー。わたしってえらい!」

「ほめてくれる友達がいて、本当にうれしい。わたしって幸せもの!」

自分LOVE全開。「自分を愛する」は引き寄せの法則の大原則なんだそうだ。うれしいなあ。

 

うまくまとまらないけど、自信って自分がもたらすもの、なんだなあと思う。

ほめてくれる友達がいても、それを受け取る自分がそれを追い風にできなければ、ほめ言葉ではない。というわけで、友達にありがとうです。