わたしに自信をくれた人 のはなし

ずっと好きだった人がいた。

昔、少しだけデートして、短い期間だったけど交際していた男性。

英会話学校の先生。そう、外国人だった。

見た目もそこそこ可愛かったけど、なによりウキウキしたのはとにかくほめてくれること。「今日の服、かわいいねー」「セクシーだねー」と言われると、やっぱり女性としてはうれしいよね。

あと、レディーファースト。ドアを開けてくれる、椅子を引いてくれる、なんていうのは序の口で、とにかくお姫さまのように扱ってくれる。もう、それはそれは天にも昇る気持ちだった。

こんな男性とデートできるなんて、わたしって世界一幸せっ!と思っていたんだけど、まあ、恋に恋する状態だったから、あまりその男性自身を見つめていなかった。

 

初めはグイグイ攻めてくる男性に押され気味だったわたしが、そのうち彼に夢中になり、自分LOVEから彼LOVEになるころ、彼の熱も冷めていくのが分かった。

で、あとは自爆気味に、その男性に執着し、振られる。

まあ、よくある話です。こじらせ女子。ブログなんかを読むと、外国人と付き合った日本人女子がよく失敗するパターン、らしい。

 

わたしはこの彼に、ずいぶん長いこと執着し続け、彼の都合に合わせて会い続けたり、彼に尽くしたりして、数年が過ぎた。最近ようやく目が覚めて(まあ、つまりわたしにとってこの彼は大した男じゃなかったってことに気づいたってこと)、この彼との連絡を一切絶つことに成功した。

 

わたしは貴重なアラサー時代(いやいや、もうアラフォーになってしまった)を無駄にしたのかな。まあ、そんな気もするけど、楽天的な性格のせいか、わたしは彼のことを「わたしに自信をくれた人」だと思っている。

 

① とにかく長年、ほめられつづけたこと。

みかちゃんはセクシーだね。センスがいいね。頭がいいね。あなたといると、いろんな話ができて、本当に楽しいよ。英語もかなりレベル高いし、あなたなら世界中の男子が放っておかないよ。あなたは特別な女性だよ。...などなど。(ていうか、そんなこと言うなら、なぜお前はわたしを振ったんだ、って感じだけどね)まあ、嫌なことはさっさと忘れて、この言葉たちはありがたく「わたしの価値評価」として刻んでおきたい言葉。彼に感謝です。

② 英語が話せるようになったこと。

軽ーい気持ちで始めた英会話で彼に出会い、彼との恋愛がこじれはじめてその学校はやめた。で、他の学校に移り、わたしの英語もかなり上達した。海外ボランティアに行こうと思ったのも、英語に自信がついたからで、わたしの世界は一変した。ほんと、感謝。

③ かなりIndependent(自立)した女に、なったと思うこと。

恋愛依存傾向にあったわたしだったけど、彼に冷たくされ、彼のことばっかり考えるのにうんざりして引き寄せの法則を読みあさったり、気を紛らわせるために新しい趣味を始めたり、友達と遊んだりして過ごした日々のおかげで、なんかかなりいい女になった気がしている。ほんと、彼に感謝。

 

ネガティブな出来事の中にも、感謝を探す。も、引き寄せの法則のポイントだそうだ。こりゃー、これからじゃんじゃん引き寄せちゃうね、と思ってたら、キタキタ!

 

では、このつづきはまた。

たぶん、また。

自信って その2

あら、また「その2」だ。

別に意識してるわけじゃないんだけど、書いていくとなんかうまくまとまらなくて、続きをまた書こうって思って「その1」という題にして終わってるから、その続きの「その2」。でも、その2を書く頃には、きのうの気持ちは忘れちゃってるんだよね...。

 

まあ、とにかく。

自信って、ついたかと思うと、すぐどっかに吹き飛んじゃって落ち込んで、の繰り返しな気がする。それは、わたしだけなのかなあ。

 

引き寄せの法則を読みまくって、お勉強して覚えた、「自分LOVE」の原則。

「自分が自分のことを好きにならなきゃ、他人が自分のことを好きになってくれるわけがないでしょ。」

「あなたが自分のことを好きになって、自分のことを大事にすれば、他人は自分のことを好きになって、自分のことを大事にしてくれますよ。」

と。ごもっとも。

 

でもね、自分の期待する反応が他人から返ってこないと落ち込む。

彼がメールの返信をなかなかくれない、とか。

好きな人がデートに誘ってくれない、とか。

職場の人が、自分のがんばりを評価してくれない、とか。

家族が、自分のしたことを喜んでくれない、とか。

わたしは、このようなことがあると、すぐ落ち込んでしまう。そして、

「どうせ、わたしなんか」「自分の努力が足りないんだなあ」と卑屈になったり、ネガティブになったりする。自分LOVE、から程遠い人になってしまう。

 

で、また「引き寄せの法則」を読み直す。

と、

「期待しない。でも、信じてる。というスタンスでいること。つまり、願望とか、自分の夢とかを決めて、覚えたら、一旦忘れること。」

「まだ叶わないのか、まだ結果が出ないのか、ともがく状態が執着。これは、引き寄せをもっとも邪魔するもの。」

だそうだ。

 

mika3264.hatenablog.com

 そもそも、起こる出来事はすべてニュートラル(それ自体は、単に出来事であって、それが悪いことか、いいことか、なんて意味は特にない)

その出来事を「いいこと」「悪いこと」ととらえるのは、わたしたち自身である。

だから、まあ、そのうち好転するさー、と思っていれば、好転していくし、ありゃー、これ最悪ー、と思えば、もうドツボ。あとは転がるように負の連鎖が起こるってことらしい。

 

でね、つまり今日言いたかったこと。

自信とか、自分LOVEってゆらぎやすいのは、仕方ないけど、結構楽観的にしてすごしていたほうがいいのかなってこと。あらー、わたしまた揺れてるわー。と、吹き飛んじゃった自信が戻ってくるのをちょっと待つ。じたばたすることにエネルギーを使わずにね。

 

ブログ、むずかしいなあ。またうまくまとまってないな。

続きは、また。

自信って その1

つづき。

 

mika3264.hatenablog.com

 つまり、自分に自信がないから、いろんなことがうまくいかないと気が付いて、あれこれもがいたアラサー時代。分かったのは、「自信をつけるのは、他人のしわざではない」ということ。

 

というわけで、いろんなことをやりました。

料理を友達にふるまう、英会話、洋服を買いにいく、海外ボランティア、引越し.....

で、いろんなことをしていると、友達が「すごいねー」とほめてくれる。

みかちゃんの料理ってどれもおいしいよね。すごいー」

みかちゃんは英語ぺらぺらですごいー」

「いつもおしゃれですてきー」

「海外でボランティアなんてすごすぎー」

みかちゃんのお部屋はすてきだねー」

など。ありがたいよね。

ところが、わたし、友達の褒め言葉を「いやいやそんなことないし」と謙遜?して、真に受けられなかった。結局は自分に自信がないからなんだよね。

 

でもね、ある時「引き寄せの法則」をブログで読みあさっていた時、ある人が引き寄せのプロセスをこう語っていた。

①覚える(自分の願望とか夢とかを、はっきりさせる。なんだっけ、なんて、考えなくてもパッと言えるくらい。そしてもちろん、それが叶った時の姿も詳しくイメージ)

②信じる(それ、無理なんじゃない?なんて、思わない。もう、叶うに決まってる。ていうか、すでに叶っちゃった、くらいの勢いで、信じる。)

③忘れる(どうやって叶えようか。努力しなきゃ、なんてあれこれ考えるのは執着。もう天にお任せ。楽しいことばっかりして、その願望は夢はとりあえず考えない。)

④受け取る(あらゆるうれしいことをぜーんぶ受け取り、それに感謝。一見、その願望につながっていないことでも。ありがとうノートを書いて、毎日毎日感謝すべきことに目を向ける。)

 

と、こんな感じ。特に④が大事で、友達にほめられたら、「いやいや」なんて言わずに、「ありがとう」と言いましょう、と書いてあった。つまり、受け取り上手になりましょう、ということだね。

 

で、わたしは最近友達に「すごいねー」を言われたら、

「うれしいっ」

「ありがとうっ」

「うん、わたしがんばってるのーっ」

と、無邪気に喜ぶことにしている。つまり、友達の「すごいねー」を自分の人生の追い風にしてしまおうということ。

 

すると、わたしの「自信」が少しずつ変化してきた気がする。

「すごいねーと言われたから、わたし、もうちょっとがんばってみよう。」

「うん、ここまでがんばったもんなー。わたしってえらい!」

「ほめてくれる友達がいて、本当にうれしい。わたしって幸せもの!」

自分LOVE全開。「自分を愛する」は引き寄せの法則の大原則なんだそうだ。うれしいなあ。

 

うまくまとまらないけど、自信って自分がもたらすもの、なんだなあと思う。

ほめてくれる友達がいても、それを受け取る自分がそれを追い風にできなければ、ほめ言葉ではない。というわけで、友達にありがとうです。

 

 

 

 

 

母の日に思うこと その2

 

mika3264.hatenablog.com

 つづき。

 

で、中身からっぽな自分を自覚した27歳のとき。からっぽな自分になんか詰めなきゃって、もがき始めた。

やったこと①

いろんな男の人とデートし、「みかちゃんって素敵だね。結婚しよう」って、言われるのを待ってみた。

やったこと②

実家暮らしにピリオド。アパートを借りて、人生初のひとりぐらしを始める。インテイリアに凝り、料理を楽しむ。

やったこと③

国際的な女になりたくて、英会話に通い始める。

 

で、その結果。

 

当然、①はだめだった。そりゃそうだ。男の人に中身を埋めてもらおうなんていうのが、そもそも甘い。だいたい中身からっぽみかちゃんは、モテなかった。男性と付き合うたび、結局は自信喪失を招いた。

②は、よかった。もともとインテリア雑誌が好きで、母が購読していた「美しい部屋」という雑誌を子どもの頃よく読んでいた。自分の好きな感じに部屋をまとめ、友達を部屋に呼ぶのがわたしの楽しみだった。友達に部屋をほめられ、料理をほめられると、やっぱり上がるよね。

③も、よかった。今でも英会話に親しみ、日常会話は身についた。もちろん、まだまだだけど、確実に自分の自信につながっている。

 

中身からっぽの自分になにかを詰める作業って、自分に自信をつけるっていうこと、すなわち「自分磨き」なんだなって、気がついたのが27歳。

 

でも、もちろんだけど、この「自分に自信をつける」って、本当に難しくて、なかなかうまくいかなかった。

 

続きは、また。

母の日に思うこと その1

母の日に、母にフラワーアレンジメントを買い、夕飯に誘ってみた。

どちらかというと、母と二人の時間は苦手。どうしても母と食事がしたかったわけじゃなくて、「親孝行している自分」をしたかったのかな。まあ、母が喜んでいたみたいだから、よかった。

 

子どものころから、ずっと母が苦手だった。

母の口から出てくるのは、家族親戚の悪口ばかり。家族どころか、芸能人からわたしの友達まで、とにかく悪く言う。母の口から、褒め言葉やふわあっとやさしい言葉はあまり聞いたことがなかった。子ども心に、「人の悪口をいうのはよくないな」「すぐ文句やぐちばかり言うのはよくないな」と母をどこか反面教師のように見ていた。

そんな毒舌な母に認められたかったのかな。いつもいい子でいる努力をしたけど、褒められることもやさしい言葉をかけられることもなく、いつのころから母へは反発心しかなかった。

 

今さらだけど、そんな環境で育ったせいか、ずっと自分に自信がなかった。

とにかくにこにこしていれば、みんなに嫌われない。極力聞き手に回り、人の表情とか様子を読む努力をしてきた。「聞き上手だね」「いつも笑顔でいいね」がわたしの好きな褒め言葉だった。大学を出て、社会人になってしばらくの間は、いつも穏やかでにこにこしてるみかちゃん、でよかったんだけど、社会人5年目あたりでつまづく。

「あなたはどうしたいの?」と突っ込まれるようになり、人にいつも合わせているだけで自分自身がない、ということに初めて気がつく。

まあ、そんな中身からっぽの27歳だから、恋愛もうまくいくはずがなく、仕事に恋愛に、挫折しまくり。で、自分を見つめ始めたのが27歳。

 

今日はここまで。この後もまた書こう。あとで。

 

別に、この挫折が母のせいだということを書きたいのではないよ。

挫折を乗り越えて、今思うとやっぱり自分の人生は母の影響が大きいんだなあって、ふと思っただけ。